心療内科に行こう

心療内科で辛い症状を撃破|ハートフルパワー

心身症を改善する

笑顔の女性

心の病気を抱えている人は数多くいます。そういった心の病気としてあるのがうつ病やptsdなどがあります。これらは心が不安定になっていることでいろいろな症状を見ることができます。
これらになることで精神科や心療内科に受診することが大切になります。精神科では心の病を主に扱います。不安なことやちょっとしたことで腹をたてることや妄想に耽ることなどがあります。そういった状態になる病気としてうつ病や不眠症や精神疾患などがあります。
また心療内科でもこういった治療を行っています。
主に心身症を扱うことが多く、体調不良の原因が怪我や確実性のある病気でなく、精神の不調によるものを言います。この場合では、検査を受けても異常がないと言われることが多くあります。

最近のクリニックでは、メンタルクリニックなどの心療内科があり、精神疾患を扱う治療を行っています。精神科と心療内科の二つを行っている病院もあり、カウンセリングや薬物療法などがメインになる病院があります。
精神の病気として代表的なうつ病を治療するには、薬物療法が第一選択になります。薬物投与では脳の活動を活発化することや問題を改善するために行われます。そのため、脳の活動バランスが改善させ、うつ病を解消することができるようになります。
精神疾患や心身症は心の問題と思っている人が多くいます。しかし、脳内の活動バランスが崩れていることが問題になっていることが多くあります。そのため、専門的な病院の中では精神科と心療内科の検査、問診と合わせて光トポグラフィー検査を行っています。この光トポグラフィーは脳内の血流量のパターンを検査して異常を察知することができます。うつ病や躁うつ、統合失調症などを診断することが可能になります。また、治療では、磁気刺激治療を行っており、脳の活動バランスを改善することができる治療法もあります。

New Topic

ストレスを解消する

男性

ストレスによっていろいろな症状が現れます。そういった時には、精神科や心療内科などを受診することが大切になります。またストレスを溜め込んでいることで心身症になる可能性も出てきます。

読んでみよう

客観的なデータが出る

きっと治ります

心療内科では光トポグラフィー検査を受けることができます。検査をすることによってうつ病や躁うつ、統合失調症などを調べることができます。検査結果が客観的に見ることができ、患者の病気の受け入れに役立っています。

読んでみよう

News

副作用がほとんどない

悩んでいる女性

うつ病や躁うつなどの心の病は脳の病と言われています。そのため、脳の活動バランスを良くする治療として磁気刺激治療があります。この治療では副作用が少なく、抗うつ薬よりも楽に治療を行うことができます。

医師

信頼関係を築く

誰にでもうつ病になります。心療内科では、うつ病の治療も行うことができます。しっかりとカウンセリングを行い、患者本人に納得行く説明や治療法を提示します。そうすることで医師と患者の信頼関係を築きます。

女性ドクター

治療の鍵

うつ病などの精神的な病気は、心療内科で治療をすることが大切になります。問診やカウンセリングをしっかりして患者に適切な治療プログラムを組むことができます。一人一人にあった方法で病気回復を目指します。

男性ドクター

生理前のつらい症状

心療内科で治療するときには、女性特有の月経前緊張症や月経前不快気分障害などを改善することもできます。精神的な部分や体に色々な症状が見られます。心療内科で安心して治療することが出来ます。