心療内科に行こう

心療内科で辛い症状を撃破|ハートフルパワー

Topic

副作用がほとんどない

悩んでいる女性

うつ病や躁うつ、統合失調症などの心の病は、実は脳の病気とされています。うつ病になることで脳は血液や基礎代謝が低下していることが見られています。そのため、脳内の活動バランスを整えることでうつ病などの症状を和らぐことができます。その効果を得ることができる治療法が磁気刺激治療になります。文字通り、磁気によって脳内に刺激を与えます。そうすることで脳の活動を回復させることができます。
うつ病を発症している脳には、血流が低下しており、脳内に運ばれる血液が少ないです。この血流を良くするために、磁気刺激を脳にある背外側前頭前野に刺激をします。刺激をすることで感情をコントロールしている脳の奥にある扁桃体に届き、二次的な刺激を与えます。そうすることで脳の活動が活発になり、脳の血流を良くすることが可能です。これらの治療は個人によって差がありますが、しっかりと脳に刺激を与えることができ、症状を軽減することができます。また、薬物投与で効果がなかった患者でも磁気刺激治療を行うことで回復できる効果も期待できるでしょう。

心療内科では、このような磁気刺激治療を行っています。これらの治療は副作用がほとんどないことが特徴としてあげることができます。治療の中では、軽微な頭皮痛や歯の痛みなどがあります。
抗鬱薬と比べるとかなり少ない副作用になります。抗うつ薬の副作用では、吐き気、食欲不振、情緒不安定、眠気や不眠などをあげることができます。その他にもたくさんの副作用があります。これらの副作用に悩んでいる人や効果が全くない人などが磁気刺激治療を受けるために病院を移り変える人もいます。こういった適切な治療を受けることでしっかりと症状を抑えることが可能です。
また、治療を受ける前にはしっかりと治療方法や流れを知っておくことが大切になります。さらに、磁気刺激治療を行っている心療内科を見つけることも大切です。多くの心療内科があるので、適切なクリニックを見つけましょう。