心療内科に行こう

心療内科で辛い症状を撃破|ハートフルパワー

Topic

客観的なデータが出る

きっと治ります

精神科や心療内科で治療を受けるときには、精神的な病を患っている場合に受診することができます。精神的な病になっているときには、うつ症状やptsdなどになっていることがあります。そういった場合にはしっかりと治療を受けることが大切になります。またうつ病かなと疑いがあるときには、心療内科などを利用して検査をすることが大切になります。最近では、光トポグラフィー検査をすることができます。これは、うつ病を客観的に診断することができる最先端機器になります。光トポグラフィー検査では、安全な近赤外光を頭の中に血流を測定することができます。そうすることで健常やうつ病、躁うつ、統合失調症を判別することが可能になります。検査前の問診と検査結果から総合的に診断されます。

光トポグラフィーは、心療内科で行うことができ、眠気や抑うつの程度などを調べることができます。また心理テストなども行っています。
光トポグラフィーのメリットでは、検査結果がデータとして出ることです。データとして出ることによってうつ病といったことが明確に数値として分かります。うつと受け入れることができなかった人も検査結果を見ることで病気であることを受け入れるようになります。そうして積極的に治療に専念することになります。また、うつ病などの心身症は、家族や周りの人の手助けが必要になります。病気について正しく理解することもでき、治療をする環境を整えることもできます。

これらの検査をする時には、心療内科での受診が必要になります。光トポグラフィーは診察費以外に費用が必要になってきます。検査費用は、各病院によって異なりますが基本的に1万3,000円くらいかかるようになっています。これに初診料などがかかってきます。合計で約15,000円払うことになります。中には初診が無料で行っているクリニックもあるので、気軽に利用することもできます。