心療内科に行こう

心療内科で辛い症状を撃破|ハートフルパワー

Topic

生理前のつらい症状

男性ドクター

心療内科で治療をすることができることの症状に生理痛や生理前のつらい症状などがあります。これらの悩まされている女性は多くいますが、多くの女性が婦人科などに受診しています。
最近では、精神的なことと体にも症状として現れている月経前緊張症などの理解が増えていることから心療内科でも取り入れているクリニックがあります。
症状は個人差がありますが、心身と含めて精神的な書状が出ているときには婦人科から心療内科に紹介されることもあります。

月経が起こる3日前から10日ぐらいになると決まって起こる症状を見ることができます。それはイライラや不安感、便秘、頭痛、むくみなどのいろいろな症状を見られます。これらは、月経前緊張症と言って、月経のある女性の多くが体験をしています。そのうち毎月に同じような症状が現れる人が3割から8割いると言われています。
また月経前緊張症が発症する人のうち、数%の女性が精神症状が強く見られるPMDD(月経前不快気分障害)になることがあります。これは、精神状態が強く不安定になり、暴力的な行動をすることや重度のうつ病になることがあります。最悪な場合、自殺願望まで出ることがあります。こういったPMSで精神的な症状が強い場合には、PMDDと診断されます。
このPMDDは、特殊なうつ病性障害とされていますが、心療内科で専門的に治療を行っています。

女性特有の障害になるので、気軽に受診することができるクリニックを探すことが大切になります。また心療内科を探すときには、ネット検索をすることで適切なクリニックを見つけることができます。さらに口コミなどを見ることで最適なクリニックが探すことができ、適切な治療を受けられます。