心療内科に行こう

心療内科で辛い症状を撃破|ハートフルパワー

Topic

ストレスを解消する

男性

ストレスによって脳への影響は多くあり、うつ病やptsdなどにもなる原因とされています。また反対に精神科や心療内科で脳内の活動バランスを改善することで症状を軽くすることができ、改善することが期待できます。
心身症は、社会生活や普段の生活においてストレスを回避することは難しいです。そうした中でストレスを上手く発散することが出来ずに溜め込んでいる人が多くいます。ストレスを貯めこんでいることで脳の神経伝達物質の流れが悪くなります。そうして自律神経が上手く働かなくなります。この自律神経は、脳から体へ信号を送るようになっています。この信号が上手く伝えることができないでいると関節リウマチや蕁麻疹などの身体的な痛みや痒み、気管支喘息、神経性胃炎などを起こします。このようなストレスによって体への不調が出ることが心身症と言います。

心身症になりやすい人の多くが、社会に出ている人でストレスを貯めていることに気づかないことが原因になっていることがあります。症状や精神的なことが原因で対応してきた社会で、働くことが難しくなってしまうことや精神的な問題からうつ病などの精神疾患になることもあります。そうすることで心療内科や精神科に受診することが必要になります。

心身症は神経症と似ている部分があります。精神的な部分が原因となっていることが共通しています。心身症では、精神的な部分が症状として出てきますが身体の症状も現れます。これは病名を把握するために必要なポイントになります。これによってうつ病や精神疾患などを決めることができます。精神的な部分だけでなく、身体的なことも症状としてあるならば、精神科ではなく、心療内科での受診が適切になります。
心療内科では、精神と身体の療法を治療することが可能になります。
そういった治療を行うことができるクリニックをしっかりと見つけることで適切な治療を受けることができます。また、症状がわからない時でも気軽に相談やカウンセリングをすることもできるので気軽に利用することが可能です。